引っ越しする前にしておく手続き

引っ越しが決まったら荷造りをしたり、不用品を処分したりと大忙しの毎日になります。
ただそんな忙しい中でも、手続きも同時に進行していかなければなりません。市役所で行う手続きは意外にも多いので、ここで紹介します。

 

チェックリストを作って、済ませたものにチェックをしていけば安心ですよ。

 

まず引っ越しの二週間前ほどから行っておきたい手続きについて。

 

・転出、転居届について。
市役所に転出届というのものがありますので、それを提出して転出証明書をもらいます。これは引っ越しの二週間前程から手続きができますので、早めにしておきましょう。もし同じ市区町村に引っ越すのなら、転出届は必要ありません。引っ越した後に転居届を提出しなければならないので、その際も市役所に行って提出しておきましょう。

 

・国民年金と国民健康保険について
これらは住所変更が必要となりますので、どちらも利用している場合は資格喪失届が必要となります。
ただ市区町村によっては引っ越し後の手続きだけでOKというところもあるので、確認しておきましょう。

 

・印鑑登録について
印鑑登録は住所などが登録されているので、それを廃止しなければなりません。
転出届を出せば自動的に廃止してくれるところもあるので、それについても確認しておきましょう。・福祉や医療などの手当てについてこれらは市役所に行って必要書類を確認しましょう。書類が出来次第、提出すればOKです。

 

・郵送物について

 

住所が変更となれば、郵送物を送ってくる会社などに変更を申し出なければなりません。しかしそれでも漏れがある可能性もあるので、郵便局のホームページなどで申請しておきましょう。そうすれば旧住所に送られてくる郵送物を新居に郵送してくれます。ただこれは一年限定なので、その間にすべての住所変更を済ませておきましょう。

 

・電気やガスなどの手続きについて

 

これらは旧住所での停止の手続き、そして新居での開始の手続きが必要となります。停止の連絡をすれば開始の手続きについても連絡してくれますので、一緒にしておきましょう。ガスの開栓については立ち合いが必要な場合もあります。

 

・NHKや衛星放送の手続きについて

 

これらはホームページから手続きができます。ただ設備がある場合はそれを撤去したりしないといけないので、早めに連絡して撤去してもらいましょう。
引っ越し前にやっておきたいことはこれらのことがあります。とても多いので、早めに手続きを始めておきましょう。