について解説します。

引っ越しが終われば荷解きや家具の配置、近所へのあいさつ回りなどやることがたくさんあります。
しかしそれと同時に行っておかなければならない手続きもあります。引っ越してから一週間以内には済ませておきたいので、チェックしていきましょう。

 

・転入届と住民票について
これらは引っ越ししてから二週間以内に済ませなければなりません。手続きに必要なのが転出証明書・身分証明書・印鑑です。そして市役所に置いてある転入届を提出してください。住民票については必要になることがあるので、2部ほどもらっておくと安心ですよ。

 

・転校書類の手続きについて
子供さんが在学中なら、転入学通知書が必要です。また以前の学校でもらえる在学証明書と教科用図書給与証明書が必要になる場合もあるので、用意しておきましょう。

 

・国民年金と国民保険について
国民年金は住所変更をすればいいだけなので、国民年金手帳を持って行きましょう。国民健康保険は新規で申し込みをすることになります。手続きに必要なのは転出証明書・身分証明書です。保険料を引き落としにする場合は銀行の口座と印鑑が必要になります。

 

・印鑑登録について
印鑑登録は簡単な手続きで終わります。必要なのは印鑑・身分証明書だけです。

 

・福祉や医療の手当の手続きについて
各種手当が必要な人は、市役所に行って必要書類を確認しておきましょう。書類が用意できたら市役所で提出すればOKです。

 

・自動車に関して
自動車を所持している人は、様々な手続きが必要となります。運転免許証の住所変更・車庫証明の申請・証明書の取得・自動車のナンバープレートの変更などです。市役所でできるものや警察に行ってできるもの、そして陸運局でできるものがあります。とても時間がかかるものがあるので、この手続きについても早めにしておきましょう。またこれらの手続きに関しては代行サービスもあります。もちろん有料となりますが、時間がない人はこの代行サービスを利用した方がいいでしょう。陸運局などは平日しか開いていないので、平日は仕事で時間が取れない人も代行をお願いしましょう。

 

これらの手続きが終わったら、友人や知人に引っ越しが終わったことを知らせるハガキを出しましょう。そうすれば住所を知って遊びに来てくれますよ。
引っ越し後も何かと忙しいものですが、全て必要な手続きです。
漏れがないようにしっかりと確認し、全ての手続きを早めに終わらせておきましょう。家族全員で協力して行えば早く済みますよ。